産廃業の許可で気をつける点とは
2019年6月24日

産廃業は代行業者で迅速に許可申請を

産廃業に許可申請をするためには、まずは経理的基礎や事業計画、欠格要件に当てはまらないなどいくつかの条件をクリアしなければなりません。

また講習会に参加し、産業廃棄物に関する知識を取得する必要がありますし、きちんとテストを受けて合格しなければ許可申請の条件である修了証を受け取ることができないのです。また産廃業に必要な施設や車両、あるいは専用の容器類などを事前に用意し、必要な書類を決められた仕様にそって十数枚ほど作成します。

その場合添付写真などもいりますので、とにかくすることがたくさんありすぎて、何から手をつけたらいいのかわからないといった状況になってしまいます。ですので産廃業の許可申請を迅速におこなうためには、まずはこれらの手続きを代行してくれる業者を探すところから始めましょう。代行業者は慣れていますので段取りよくスピーディに作成してくれますし、予約が必要な講習会などにおいても、手抜かりなく席をおさえてくれますので安心です。

もちろん代行業者に依頼すれば費用がかかりますが、代行してくれる業者はたくさんありますので、条件などを比較して自分に合ったところに相談すれば大丈夫です。審査結果が出るまでには2か月ほどかかりますので、とにかく早く業務を始めたいのであれば、申請でもたついていることは時間の大きなロスですので、産廃業の許可申請はできるだけ代行業者に依頼しておこなってもらうことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *