産廃業の許可で気をつける点とは
2019年6月3日

産廃業の許可申請を代行してもらう良さ

産業廃棄物の回収や運搬を行うためには、業者の人は作業を行う都道府県知事の許可を得なければいけません。

許可をえるためには、役所に産廃業の許可申請を行うことになります。しかし、必要となる財務諸表を集めたり複数の書類を作成しなければならず、素人が作成するのは少しハードルが高くなります。しかも時間を掛けて作った書類も不備があったら、書類の修正をしてまた役所に足を運ばなければいけません。忙しい業者の人にとっては、何度も役所に足を運ぶのは大変です。

そのため、最近では産廃業の許可申請の代行をしてもらう業者が増えています。産廃業の許可申請の代行を行っているのは、プロである行政書士になります。行政書士に産廃業の許可申請の代行を行ってもらうことで、業者の人は書類を集めたり書類の作成に割く時間を他の仕事をすることが出来ます。

また行政書士に依頼することで、自分で行うより早く書類を作成することが出来ますから許可も早く得ることが出来て、産業廃棄物の回収や運搬の作業に支障が出ません。許可を得たら作業をスタート出来ますが、最近では一旦許可を得ても定期的な更新手続きも行わなければいけません、そのため、許可を得る時に利用した行政書士にそのまま更新手続きを任せることが出来て、また新たに行政書士を探さずに済みます。行政書士は全国に多くいますが、産廃業の許可申請の代行を行った実績が多くある人を選べば安心して任せることが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *